【満員御礼】【8月6日@東京】日本列島まちづくり——『造景2019』刊行記念シンポジウム

日本列島まちづくり——『造景2019』刊行記念シンポジウム

講演会概要
■趣旨

17年ぶりの復刊となる『造景2019』刊行を記念し、本書に参画した諸氏にゲストも加え、本書の見どころ読みどころを解説していただき、さらに本書が今後取り組んでいくべきテーマについて大いに議論していただきます

■タイトル

日本列島まちづくり——『造景2019』刊行記念シンポジウム

■日時

2019年8月6日(火) 18:15~20:30  ※開場17:45

■会場

シティラボ東京(会議室+サロン)
(東京都中央区京橋3丁目1-1東京スクエアガーデン6階 京橋環境ステーション内)
https://citylabtokyo.jp/

■プログラム

第一部 『造景』を読む——「日本列島まちづくり」を中心に

パネリスト:野村知子(桜美林大学教授)、秋田典子(千葉大学准教授)、冨永美保(tomito architecture共同主宰)

モデレーター:饗庭伸(首都大学東京教授)

第二部 まちづくりの課題と『造景』の役割

パネリスト:佐藤滋(早稲田大学研究院教授)、西村幸夫(神戸芸術工科大学教授)、山本俊哉(明治大学教授)

モデレーター:八甫谷邦明(『造景』編集人)

■参加費

無料

■定員

満席100名(申し込み先着順)
立ち見席のみ若干募集

■申し込み

※募集締め切りました。

主催

建築資料研究社(出版部)
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-10-7-6F
Tel.03-3986-3230
https://www2.ksknet.co.jp/book/

関連記事

造景 創刊準備シンポジウム 「新しい都市の雑誌を考える」

⇒詳細はこちら

造景2021

災害復興からコミュニティ再生まで地域マネジメントを支援するメディア、
年刊本『造景2021』が8月30日に発売
東日本大震災の復興10年を大特集!

<特集>東日本大震災「復興 10 年」を検証する
 ●PART1 復興の検証
 ●PART2 復興のいま
  釜石市 大槌町 気仙沼市 女川町
 ●PART3 注目の事例
 ●PART4 これまでとこれから
<特集>コロナ禍の観光まちづくり
<連載>本邦都市物語(3)

目次詳細

名称   造景2021
発売日  8月30日
定価   3,850円(本体3,500円+税)

編集 八甫谷邦明(クッド研究所)
発行 建築資料研究社
〒101-0014 東京都豊島区池袋2-10-7-6F
Tel:03-3986-3239 Fax:03-3987-3256
https://www2.ksknet.co.jp/book/

次の記事

造景2020