【9/14@オンライン】造景2021 発刊記念セミナー『 東日本大震災「復興10年」を検証する』

造景2021 発刊記念セミナー『 東日本大震災「復興10年」を検証する』

講演会概要
■趣旨

造景2021は、10本の論考、21の当事者による事例紹介により、「特集:東日本大震災「復興10年」を検証する」を発刊しました。今回は、これらを元に、東日本大震災の復興とは何であったか、その成果と検証、今後の展開をテーマに、各パネリストからのプレゼンと、執筆者を交えての討論を行います。多くの方々の参加をお待ちします。

■タイトル

造景2021発刊記念セミナー: 東日本大震災「復興10年」を検証する

■日時

2021年9月14日(火)18:00~20:30

■開催方法

ZOOMミーティングによるオンライン形式

■参加費

無料

■定員

500名(申し込み先着順)

■プログラム

1)あいさつ

 種橋恒夫(建築資料研究社 出版部)
 八甫谷邦明(「造景」編集人)

2)特集の意図と成果

 佐藤滋(早稲田大学)

3)パネリストからのプレゼンテーション

「逆立ちの計画」と言われた復興事業の検証
 山本俊哉(明治大学)

これまでの10年、これからの10年
 北原啓司(弘前大学)

漁村復興と地域社会の再建
 富田宏(漁村計画研究所)

これからの津波のあいだに向けて
 饗庭伸(東京都立大学)

4)事例紹介を含めた討論:復興まちづくりは何を達成したか?

■申し込み

Peatixサイトよりお申し込みください。
※お申し込みいただいた方には当日までに配信URLをお知らせします。
※チケットはお一人様につき1枚をお申し込みください。
※Peatixがご利用いただけない場合は、「造景2021 発刊記念セミナー参加希望」をメールの件名として、1)お名前、2)ご所属、3)ご連絡先(E-mail、電話番号)、をメール本文に記載の上、お問い合わせ先E-mailへお申し込みください。

申込サイトへ
Zoom参加の注意点

・マイクは必ず「切る(ミュート)」でお願いします。ビデオを切っていただくようにお願いする場合があります。また、管理者が強制的に切る場合もございます。ご了承ください。
・録音、録画は講演の妨げとなり、また著作権法に違反しますのでお控えください。こうした行為が判明した場合には退場いただくと同時に、しかるべき対処を行います。
・ご質問・ご意見は、チャット欄でお寄せいただけます。時間の都合上、全てのご質問にお答えできない場合がございます。ご了承ください。

主催

主催:建築資料研究社
共催:早稲田大学総合研究機構都市・地域研究所
   早稲田都市計画フォーラム
後援:日本建築学会・住まいまちづくり支援建築会議復興部会(予定)

お問い合わせ

早稲田都市計画フォーラム事務局(担当:泉川)Email:waseda.toshiforum@gmail.com

造景2021

災害復興からコミュニティ再生まで地域マネジメントを支援するメディア、
年刊本『造景2021』が8月30日に発売
東日本大震災の復興10年を大特集!

<特集>東日本大震災「復興 10 年」を検証する
 ●PART1 復興の検証
 ●PART2 復興のいま
  釜石市 大槌町 気仙沼市 女川町
 ●PART3 注目の事例
 ●PART4 これまでとこれから
<特集>コロナ禍の観光まちづくり
<連載>本邦都市物語(3)

目次詳細

名称   造景2021
発売日  8月30日
定価   3,850円(本体3,500円+税)

編集 八甫谷邦明(クッド研究所)
発行 建築資料研究社
〒101-0014 東京都豊島区池袋2-10-7-6F
Tel:03-3986-3239 Fax:03-3987-3256
https://www2.ksknet.co.jp/book/