【開催決定】造景2021発刊記念セミナー

造景2021 発刊記念セミナー:
東日本大震災「復興10年」を検証する

造景2021は、10本の論考、21の当事者による事例紹介により、「特集:東日本大震災「復興10年」を検証する」を発刊しました。今回は、これらを元に、東日本大震災の復興とは何であったか、その成果と検証、今後の展開をテーマに、各パネリストからのプレゼンと、執筆者を交えての討論を行います。多くの方々の参加をお待ちします。

●開催概要
日時:2021年9月14日(火)18:00~20:30
開催方法:ZOOMミーティングによるオンライン形式
参加費:無料(定員500名)

申込期限:2021年9月13日(月)

詳しくは→

【最新号】造景2021

東日本大震災から 10 年目となる今年、地域・まちづくりのための専門誌『造景』は満を持して、「復興10 年を検証する」と題して総特集を組みました。

(1)復興の全般的な課題を明らかにしたうえで、いくつかの項目別にその現状を検証します。
(2)特に釜石、大槌、大船渡、気仙沼、女川に着目し、その復興の現状について報告します。
(3)市民活動、地域課題への対応など、注目される復興まちづくりの事例を取り上げます。
(4)今後は自力で復興を担わなければならない被災地の課題を考察します。
(5)10 年の動きをまとめた「復興まちづくり年表」を付し、今後の展望への足掛かりとします。

<特集>東日本大震災「復興 10 年」を検証する
●PART1 復興の検証
●PART2 復興のいま
釜石市 大槌町 気仙沼市 女川町
●PART3 注目の事例
●PART4 これまでとこれから
<特集>コロナ禍の観光まちづくり
<連載>本邦都市物語(3)

目次詳細

【書籍説明】
◆書名: 造景 2021
◆企画・編集: クッド研究所+建築資料研究社
◆発売日: 2021 年 8 月 30 日
◆定価: 本体 3,500 円+税
◆コード: ISBN978-4-86358-769-4
◆仕様: A4 変型・204 ページ
◆販売ルート: 全国大型書店、オンライン書店、直販
◆発行社: 株式会社建築資料研究社

購入はこちら

造景

造景2021(最新号)

造景2021_表紙

東日本大震災から10年目となる今年、地域・まちづくりのための専門誌『造景』は満を持して、「復興10年を検証する」と題して総特集を組みました。

続きを読む

造景2020

造景2020_表紙

特別企画として、金沢のまちづくりの歩みと現在、さらに今後の展望とを、この都市の持つ独特の風土・歴史・文化の文脈の中に位置づけ、深く包括的に紹介する。

続きを読む

造景2019

造景2019_表紙

時代を先駆け、まちづくりと地域おこしのための総合専門誌「造景」が、17年と時を経て帰ってくる! 巨大災害と復興、急速な人口減少など、都市や地域をめぐる諸問題は新たな局面を迎えている。そうした問題に深く関わる自治体やコンサル、研究者、建築家、市民などの、課題への対応事例を紹介する。

続きを読む

INFORMATION

●編集室から「復刊」について

雑誌『造景』は阪神淡路大震災の翌年、1996年に創刊した。その後、36号まで刊行し、2002年に休刊となった。

この度、研究者や専門家からの要望・支援と出版社の努力によって、久々の復刊となる。 編集者個人としても、10年に及ぶ『季刊まちづくり』の出版活動を経て、再び『造景2019』の編集に携わることになったわけである。

その間、東日本大震災があり、都市、まち、地域の状況にも大きな転換が生まれつつある。 この社会のうねりは、地域やコミュニティにおいて、最も顕著に現れようとしている。

本号では、各地の様々な取り組みを事例として紹介すると共に、現在直面する課題について、特集や論文・研究・報告の形で掲載している。

今後、年報の形態で刊行していきたいと考ていますので、皆様のご支援をいただければ幸いです。

「造景」編集人
八甫谷邦明

造景 バックナンバー

建築資料研究社の本

復興まちづくりの時代―震災から誕生した次世代戦略 (造景双書)

復興まちづくりの時代

阪神・淡路大震災の復興に至るまでの経験から誕生した「まちづくり第三世代」による、「復興まちづくり」の包括的マニュフェスト。不可避の災害とそこからの復興を前提とした「事前復興まちづくり」の方法と技術の全容を紹介し、来るべき「復興」のための展望を示す。

編著・佐藤滋、真野洋介、饗庭伸
出版社: 建築資料研究社 (2006/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4874609147
ISBN-13: 978-4874609149
発売日: 2006/09

続きを読む

「場所」の復権―都市と建築への視座 (造景双書)

場所の復権

同時代を切り拓いてきた、わが国を代表する建築家たち。オリジナルな視点で第一級の成果をもたらした、研究者や評論家たち。批判精神あふれる彼等から、都市と建築の諸問題に対する様々な観点を引き出し、未来への希望の在処を探る。巻末論考では、都市と建築に通底する重要なキーワードとして「場所」を掲げ、この概念の復権を訴える。都市と建築の将来を考えるうえで、必ず参照されるべき一冊。(磯崎新、槇文彦、原広司、安藤忠雄、吉田桂二、伊東豊雄、内藤廣、大河直躬、伊藤鄭爾、川添登、鈴木博之、陣内秀信、長谷川堯、内田祥哉、大谷幸夫、平良敬一)

編著・平良敬一
出版社: 建築資料研究社 (2005/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4874608787
ISBN-13: 978-4874608784
発売日: 2005/11

続きを読む

日本の都市環境デザイン〈1〉北海道・東北・関東編 (造景双書)

日本の都市環境デザイン1

日本が固有の歴史や文化、気候風土の中で蓄積してきた「都市環境」という財産の総目録。第1巻は、函館、小樽、仙台、米沢、新宿、鎌倉など、北海道・東北・関東の都市環境デザインを網羅・紹介する。

編著・都市環境デザイン会議
出版社: 建築資料研究社 (2003/11)
ISBN-10: 4874607748
ISBN-13: 978-4874607749
発売日: 2003/11

続きを読む

日本の都市環境デザイン〈2〉北陸・中部・関西編 (造景双書)

日本の都市環境デザイン2

日本が固有の歴史や文化、気候風土の中で蓄積してきた「都市環境」という財産の総目録。第2巻は、金沢・名古屋・奈良など、北陸・中部・関西の都市環境デザインを網羅・紹介する

編著・都市環境デザイン会議
出版社: 建築資料研究社 (2002/11/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4874607756
ISBN-13: 978-4874607756
発売日: 2002/11/1

続きを読む

日本の都市環境デザイン〈3〉中国・四国・九州・沖縄編 (造景双書)

3日本の都市環境デザイン

日本が固有の歴史や文化、気候風土の中で蓄積してきた「都市環境」という財産の総目録。第3巻は、倉敷、中土佐、佐世保、那覇など、中国・四国・九州・沖縄の都市環境デザインを網羅・紹介する。

編著・都市環境デザイン会議
出版社: 建築資料研究社 (2003/06)
言語: 日本語
ISBN-10: 4874607764
ISBN-13: 978-4874607763
発売日: 2003/06

続きを読む

住まいのまちなみを創る―工夫された住宅地・設計事例集

住まいのまちなみを創るjpg

北海道から沖縄まで、日本全国の工夫された住宅地を過去40年・177件収録した、まちなみ事例集の決定版!安全で、美しく住みやすいまちは、こうしてできた。

中井 検裕 (監修), 住宅生産振興財団 (編集)
出版社: 建築資料研究社 (2010/9/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4863580525
ISBN-13: 978-4863580527
発売日: 2010/9/1

続きを読む

住宅地のマネジメント--「まちネット」から学ぶまちづくりの知恵

住宅地のマネジメント

ちの美しい景観を守り、住み良い環境を育む。そこには住民たちのさまざまな“まちづくり"活動が欠かせない。町内会や自治会から、管理組合、協定委員会、NPOまでさまざまな組織形態が生まれている。「まちネット」は、先進的なまちづくりに取り組む住民組織のネットワーク。そこでは、どのようなルールの下、どのような運営がなされているのであろうか。日ごろの身近な活動から、将来を見据えた計画づくりまで、具体的な取り組みから学ぶさまざまな問題解決の知恵をまとめる。

大月敏雄+東京大学建築計画研究室 (著)
住宅生産振興財団 (監修)
出版社: 建築資料研究社 (2018/6/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4863585675
ISBN-13: 978-4863585676
発売日: 2018/6/21

続きを読む

MENU
PAGE TOP