造景2020および建築資料研究社発行媒体の広告企画書および媒体資料は下記よりダウンロードできます。

広告企画書・媒体資料ダウンロード

締切日等は各媒体の企画書をご確認いただき、ご不明な点等ございましたら記載の連絡先までお気軽にお問い合わせください。


次号予告


造景2020

発売予定:2020年8月28日(金)
申込締切:2020年7月  3日(金)
入稿締切:2020年7月22日(金)

 

<特集予定>

リノベーションまちづくりの新潮流

個々の空き家や空き店舗のリノベーションをまち全体に展開していくという、リノベーションまちづくりの手法は以前より行われていたが、最近では新しい考え方や手法によるまちづくりの試みが行われてきている。道路・公園等も含めてエリア全体をリノベーションしていく、そのような新潮流の事例を紹介し、その仕組みを詳しく解説する。

「新たなまちづくりインフラ」としてのUDC

アーバンデザインセンターとは、公・民・学が連携し、新たなまちづくりのプラットフォームとして全国各地に拠点を置き、活動を行っている組織である。問題解決型、未来創造型のミッションをもって、拠点ごとに様々な取り組みを展開している。特集ではその中から特徴的な6拠点を紹介する。

まちづくりゲームの現在

まちづくりはゲームのようにゲームのように、各種プレイヤー(担い手やステークホルダー)が一定のルール(法制度や社会的規範)に基づいて進められる。実際のまちづくりは複雑な課題を抱えているが、ゲームはそれらを単純化することで、まちづくりの理解や進行を促進する。特集では、様々な試行錯誤を経て開発された最新のゲーム手法を紹介し、その実効性を探る。

詳細については企画書に記載の連絡先へお問い合わせください。
広告企画書・媒体資料ダウンロード
株式会社 建築資料研究社 出版部

造景2021

災害復興からコミュニティ再生まで地域マネジメントを支援するメディア、
年刊本『造景2021』が8月30日に発売
東日本大震災の復興10年を大特集!

<特集>東日本大震災「復興 10 年」を検証する
 ●PART1 復興の検証
 ●PART2 復興のいま
  釜石市 大槌町 気仙沼市 女川町
 ●PART3 注目の事例
 ●PART4 これまでとこれから
<特集>コロナ禍の観光まちづくり
<連載>本邦都市物語(3)

目次詳細

名称   造景2021
発売日  8月30日
定価   3,850円(本体3,500円+税)

編集 八甫谷邦明(クッド研究所)
発行 建築資料研究社
〒101-0014 東京都豊島区池袋2-10-7-6F
Tel:03-3986-3239 Fax:03-3987-3256
https://www2.ksknet.co.jp/book/